memo

現在905iとHT-03Aという恐ろしい骨董携帯の運用をいい加減リプレースしたい。
またHT-03AはイオンSIMで運用しておりテザリングしようにもクソ重すぎてお話にならない。
 
docomoは現在家族セット割というサービスで回線別で同一店舗で
同時に端末を買えば端末ごとに10500円を引くというサービスをやっている。
これは2台運用前提でガラケースマホ同時にリプレースしようとしている
自分にとっては激しく都合がいい。
 
docomoは現在月々サポートという24ヶ月の実質端末代の割引を行うサービスを行っている。
このサービスはMNPでの転入の場合増額され、実質本体の定価を超えることが多い。
MNPとの差額がMNP弾を作るコストを上回らない場合利用しない手はない。

これによって自分が得る利益

  • 月額料金の総額が安くなる
  • ガラケーが新しいものになる
  • スマホが新しいものになる
  • イオンのクソ回線を捨ててLTEの高速回線が使える(月転送量7GB以降は128kbps)
  • docomo Wi-Fi永年無料キャンペーンが利用できるようになる
続きを読む

BlenderのFBXにおいて子階層の座標軸がBlenerの座標系になっているのを是正する方法

以下の手順はFBXをUnityに持っていった場合にすべての階層オブジェクトの回転情報をVector3(0,0,0)にする方法である。
Blenderで吐かれたFBXはエクスポート時の指定座標系にROOTオブジェクトの回転によって指定軸にあわせている。
そのためUnityなどで直接子階層オブジェクトを直接操作する場合、ローカル座標系がBlender座標系(UpZ)になっているので
スクリプト側でそれを意識したコーディングが必要になってしまう。
(例えばrootと同じ向きであろうオブジェクトのtransform.upを使った軸回転が直感的なY軸回転にならない等)

続きを読む

Unity3.5で自分の好みのエディタを使用する手順

以前参考にしてた記事が読めなくなってる?ので備忘録的に記録しておく。*1
何も考えずにUnityのPreferencesで直接普段使いのエディタをExternal Script Editerを指定しても
行指定の書式を渡す方法が無いため、エラー行へのジャンプなどが出来なくなってしまう。
そのためビルトインエディタのMonoDevelopをバイパスする必要がある。
 
まず自分の使用したいエディタのコマンドライン引数の書式を確認する。
次に下記URLのサイトに飛び、一番下の項目"How to make Notepad++ jump to the correct line number from the error console "
にあるエラー行をバイパスするための用の実行ファイルの入った書庫(UnityExternalScriptEditorHelper-1.0.7z)を落として解凍する。
http://unifycommunity.com/wiki/index.php?title=Using_Notepad_Plus_Plus_as_a_script_editor
解凍ディレクトリ内のwrapper.iniを使用したいエディタ用に編集する。(下記はxyzzy用の例)

[Settings]
Application=E:\kakkou\My Documents\Tool\xyzzy\xyzzycli.exe
Arguments="*file*" -g*linenumber*

解凍ディレクトリ内のUnityExternalScriptEditorHelper.exeをMonoDevelop.exeにリネームする。(必須)
あとはそのexeをPreferencesからExternal Script Editerに指定すること。

終了。
 
バイパスソフトの付属のREADME.txtではMonoDevelopディレクトリにコピーしてうんたらとか書いてるが
その通りに実行するとデバッカとしてもMonoDevelopが使用できなくなってしまうので問題あり。
どうもUnity3.5は場所に限らずMonoDevelop.exeという名前であればエラー行のコマンドライン引数を
与えてくれるようなので適当な場所にバイパスソフトを置いてそれを指定すればよさげ。
ただこれを行う事でSync MonoDevelop Projectを行うとslnまで対象のテキストエディタで開いてくれるようになります。アホか。
 
それにしてもUnity2.x時代から本体側でこれを改善しようという気配が見られないことがいまいち理解できん。
こんなのささっとお願いしますよ・・・。

*1:当時はUniSciTEがビルトインだったが

勘違いと誤算があったので表まとめ直し

マニュアルをよく見るとSA-TX608は1080p→1080i化はできない
変換機来る前にPC側で1920x1080の信号をDisplayportとHDMIへのクローン出力でそれぞれの信号をモニタとアンプに入れて
さらにアンプからの出力を1080iしか対応しないIntensityProに入れて絵が出るので1080pの変換が可能と早とちりしていたが
アンプの入力信号情報を見るとなぜかビデオカードのソースのHDMI出力からすでに1080iになってるようだ。
1080pでも問題ないハズなので何故1080iになってるのかわからないが変更できそうな画面も見当たらないのでたまたま映ってる状態としか言えない。
しかしそうなると先のリストも少々意味が変わってきてしまった。とりあえずまとめなおしておく。
結局AVアンプに720pか1080iか1080p/24でぶっこめれば良いのだが。

マイコンソフト XPC-4

デジタルRGBの解像度の変換は出来るようだがHDMI信号についてほぼ触れられてないのでデジタルRGB入力の1080i化などは想定の範囲外だろう。
ただD端子&アナログRGB出力があるのでアナログによるD3およびアナログRGB接続は可能なように思われる。
(幸いTX-SA608はD-SUBによる1920x1080を受け付けて1080i化が可能)
とにかくどこかでアナログ変換が必要みたいだ。
もしくは720p相当の解像度(1280x720)にデジタルRGB出力したものをHDMI化できるかもしれないが・・・。

DVS HMC-401

出力はプログレッシブのみでしか出せないらしいので720p出力以外選択肢無し。

AT-HD560

デジタル信号に対する1080iおよび720p化が可能なようなので一番選択肢が多い。
さらに公式サイトにはスペシャルファームウェアによる1080p/24出力も謡われている。
どうすればそのファームウェア適応の製品が買えるかはさっぱりわからないが・・・。

中華製 HCD0101

設定ボタンも見当たらないので出力は接続先のネイティブ解像度にさせられると予想。
なのでUWXGAは1080pにしかならないのではないかなあ。(※あくまで現物やマニュアルを見たわけではない)

AVアンプをTX-NA609に買い換えて1080p変換できる機械をあわせて買う

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/avcenter/txna609/technology.htm
ここを見る限り1080p/60を1080p/24化ができるみたい。これならIntensityProでも入力が可能。
だが実売5万弱とAVセンターとしてはそれなりに安くても、つい去年買ったSA-TX608を買い換えるには早すぎる・・・。

1080p/60対応のキャプチャボードを買う

http://www.sknet-web.co.jp/product/mvxx/
おそらく現状の民生品では知る限り唯一の製品がコレだと思うのだが実売4万オーバーとか高すぎィ!!
 
選択肢の幅からしてAT-HD560が良いかなぁ。
しかしどうせ配信で縦1080で配信できるわけが無いので720で十分なんですけどね。

UWXGAの1080p/i化

最近のPCゲームを1PC配信するのは負荷的に問題があるのと、さらにAeroを使うWindows7などは
さらにスクリーンキャプチャのパフォーマンスが非常に悪いという2重苦なのである。
しょうがないのでメインPCの映像を分配して別のPC側にで画面の信号を受けてエンコする事を考えたのだが
世には1080p/i対応のキャプチャカードは数あれど、1980x1200に対応している物は知る限り皆無なのでなんとか1080p/iに落とすしかない。
ちなみに所持しているHDMIキャプチャカードはIntensityProなので1080iでないとフルHD信号は
受けられないのだがTX-SA608が1080pをi化できるので問題なし。(※できないので問題あり。よって表をまとめなおした。)
調査段階で以下のような候補機材があります。

マイコンソフト XPC-4

http://www.micomsoft.co.jp/xpc-4.htm
おそらく一番の安パイ。マニュアルを見る限りアスペクト比も補正できる臭い。
実際どこぞのゲーム配信者も使ってるみたい。
ただ高すぎ。(\30kオーバー)

DVS HMC-401

http://www.dvs-shop.jp/products/detail.php?product_id=138
一応仕様で1920x1200入力を謡ってる製品。
Webにマニュアルが無いので詳細はわからんがMENUボタンがあるのでそれなりに細かい設定が可能?
一応日本の代理店の販売でスペックの割りにめちゃ安い(\9k弱)

Atlona AT-HD5X0

AT-HD550 http://www.atlona.com/Atlona-HDMI-UP-Down-Scaler-Converter.html
AT-HD560 http://www.atlona.com/Atlona-Pal-HDMI-to-NTSC-HDMI-Converter-1080p.html
わりとオッシャレーなデザインなメーカーの変換機。
どちらもマニュアルがあって内容をみる限りどちらもダウンスケーリング可能くさい。
AT-HD550はボタンがひとつあるだけでクリックすると順番に出力解像度が変わる仕様っぽい。アス比の変更設定が見当たらない。
AT-HD560はOSDなメニューが存在していろいろ調節できるみたい。これまたアス比の変更設定が見当たらない。
日本に発送してくれる所で調べる限り一番安かったのは楽天の輸入代行で送料込み\16k強。

ちなみにどちらもcypressという会社のOEMっぽい。
AT-HD560はこれ
AT-HD550はこれ

中華製 HCD0101

http://www.sobuying.com/ja/products/Wholesale-HDMI-Converter-%28DVI-%252b-SPDIF-Audio-to-HDMI%29-HCD0101.html
横長の筐体でいろんな所で販売されてるみたいだが製造元のサイトは見つけられず。
さらに小型で同名のDVI→HDMI化する機器があるようだがこちらは1920x1200対応とは書かれていない。
(ただ上記横長のタイプとまったく同じ説明が書かれてるサイトも存在するわけですが・・・どちらが正しいのやら)
説明文はどこも同じで一応対応解像度に1920x1200の文字が存在する。
メニューボタンなどは見当たらず、出力解像度の選択とか出来るのか怪しげ。
アダプタがエゲレス式っぽいので5V/2AのACアダプタを買う必要がある。秋月電子で600円みたい。
上記URLサイトであれば送料はChina Postで5ドルから。
本体送料コミで今日の円ドル相場あたりで約\4.5k($55.82)。
 
意外とこの手の製品は入力RGB信号に対して同じ解像度のトランスコードでスキャンコンバートまではしないことが多く、
また対応していてもUWXGA信号に対応してないものが多いため候補は非常に少ないです。
とりあえず価格と入手製からHMC-401にしようかなと思っているところ。
 
UltraVNCのような直接スクリーン画像をTCPを使ってやり取りする方法も調べたのだが
送受信双方意外に負荷が高い事と全画面系ゲームは使えないので問題外であった。